スケジュールお知らせ

劇場入りして最後の大詰めが進んでいる。今日はいよいよ初日。
何回か僕もステージに乗る予定を立てていましたが一旦断念しました。
①キャスト・バンドのコミュニケーションの仕上がりが素晴らしく、作曲者の入る余地がなくなってきた。
②演出家に渡した脚本家がそれ以後口を挟まない(自分の手を離れた)ように、リハーサルのある段階までは解釈・希望を伝えても仕上がり段階になったらバンドの自然な流れに任せると予想もしなかった良さも含めて仕上がって行く実感があったこと。
移動してそのまま舞台稽古に入って8時間という京都入り初日に、体調が少しだけれど落ちたこと(僕はピアノも弾かず、指揮もせずに見ていただけなのだけれど)
などなど考え合わせてのことです。今まで発表していたスケジュールに合わせてチケットを取ってくれていた人(がいたとして)には大変申し訳ないのですが、これまで作り上げてきたいくつかの舞台を踏まえた集大成になっているし、単体として見ていただいても、どこへ出しても恥ずかしくない仕上がりになってますからお楽しみに!トニー賞でも取れないかしら。

「いいね!」して最新情報を受け取ろう!