#2 お祭り

2015年12月24日
#2 お祭り

大学に入ったばかりの頃、ジャズ喫茶のハシゴをすると、行く店行く店でカモメのジャケットとお城のジャケットが掛かる。1969年から70年にかけての社会現象だった。というには狭いジャズの中の事だけれど。
耳コピして仲間とよく演奏したのですっかり手についているのだが、ある時期に譜面なども発売されて、その後それに準じて演奏する人々と一緒になると、所々のコード解釈が違うのでアジャストに手間取ったりする。
ソロピアノでは一般的な進行やオリジナルとの差異に気遣う事もなく好きに弾けるところが良いですね。

近況:
”コピスみよし”で寺井尚子バンドのコンサート。月猫でお邪魔して以来10年以上ぶり。ピアノのコンディションが素晴らしく良い。このところの体調の安定(短期だが)と相俟って、何の苦労もなくフレーズやバッキングパターンが次々と浮かぶ。客観的に質の高いコンサートだった。
自分が演奏しながら”客観的に”というのも怪しいものだが、このところの心境として、自分も含めたメンバー全員を見ている自分が居て、その人が、ピアノに座っている佐山君に”今はこう弾きなさい、今はこんなことをしなさい。しばらく休符ですかね”等と言うのだ。ピアニストはそれに従う。うまくいえないけどドッペルゲンガーが生じている感じ。近々気が違ってしまうのだろうか、と冗談まじりに自問するが、プレイヤーとしては良いステップとに来てる感じ。
基礎練習の足りなさは病前病後を問わず変わらない。60すぎて運動能力が高まる、なんてことはあり得るのだろうか?

「いいね!」して最新情報を受け取ろう!