air

2000
Cover : air

air 

須川展也&ロン・カーター (アーティスト), 長生淳 , 啼鵬 , 佐山雅弘 , Bob Freedman , 須川展也 (演奏), ロン・カーター (演奏), 吉田次郎 (演奏), ベン・ウィットマン (演奏), 島健 (演奏), 山口多嘉子 (演奏) 形式: CD

サックス・プレイヤー須川展也と、ベースのロン・カーターが実現させた企画作品。聴き覚えのあるクラシックの名曲をボブ・フリードマンがアレンジ、心に響くヒーリング・アルバムだ。
内容(「CDジャーナル」データベースより)

日本を代表するサクソフォンの名手・須川展也とジャズ・ベース界の大御所であるロン・カーターの共演盤。両者ともに安定したテクニックとしなやかな音楽性の持ち主だけあって、端正な美しさとセンスが薫る仕上がりになっている。抒情性が光る加古隆作品以外は、すべて編曲ものであるが、長生淳のペンによる3曲がことのほか秀逸。特に「火祭りの踊り」では、原曲のリズムを解体して、ストリングスのリズム・パターンを縦横に変化させ、面白い効果を挙げている。(6)でフェイクをかけながら絶妙な呼吸でテーマを奏でるロン・カーターのベースも聴きものだ。ボブ・フリードマン編曲の「ハフナー」も、ウォーキング・ベースの上に、須川の吹くモーツァルトのメロディが軽やかに舞っているのが楽しい。“寒気団”と“暖気団”がぶつかって暴風雨を巻き起こすといったインパクトはないが、小雨に濡れた新緑のしっとりとした風情に満ちた、愛すべきディスクである。 (満津岡信育) — 2000年05月号 — 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

1アリオーソ 2ブラジル風バッハよりアリア 3アルハンブラの想い出 4アイ・ガット・リズム 5サマータイム 6ポロヴェッツィアン・ダンス 7G線上のアリア 8グリーンスリーブス幻想曲  9ハフナー 10美しい夕暮れ 11火祭りの踊り12想いの届く日

  • 1アリオーソ
  • 2ブラジル風バッハよりアリア
  • 3アルハンブラの想い出
  • 4アイ・ガット・リズム
  • 5サマータイム
  • 6ポロヴェッツィアン・ダンス
  • 7G線上のアリア
  • 8グリーンスリーブス幻想曲
  • 9ハフナー
  • 10美しい夕暮れ
  • 11火祭りの踊り
  • 12想いの届く日