佐山雅弘バドパウエルを聴きながら


テーマ:

 バドパウエルをかけながら生徒のレポート(ジャズに関する自由研究)に採点していたらバドについて書いていたのがあった。いわく「ジャズマンは壮絶な人生を送った人が多いですが残された素晴らしい音楽を大事に聞いていきたいです」

村上春樹訳「バットビューティフル」を読んでる途中。知っているエピソード、知らなかった挿話を織り込んで短編連作になっている実に面白い本だがそこにもバドのことがあった。

創造に至るやむにやまれぬ悲惨さは知っていてもいいけれども、そういった様々があるからこそ結果としての作品や演奏は明るかったりユーモラスだったりする。そこの所を素直に受け止めたい。

ジャズがジャズとして確立されている現代にジャズに関わろうとするとそのあたりの立ち位置になるのかな。

読書中といえば最近”秋山香乃”という作家に今ハマっていて”土方歳三””沖田総司””大久保利明”と進んで今は”山田市之允”。これがめっぽう面白い、上に・・・短編連作の形を採っている。実に卓越したアイデアと手法。司馬遼太郎を何度も読み返したはずなのに新鮮な視点を示してくれるし歴史上の人々に改めて感銘を受ける。

「いいね!」して最新情報を受け取ろう!